日本杖道会ロゴ

一心流鎖鎌術ゆかりの地

「浪合村」と念流

一心流鎖鎌術の由来について

 一心流鎖鎌術は、我が国の武道史の源流をなす念流の始祖として名高い念阿弥慈恩にその源を発した云われている。

 慈恩は、正平五年(1350年)相馬四郎左衛門尉忠重の子として奥州相馬(福島県原町市)に生まれ俗名を義元といった。父忠重は新田義貞に仕えた強弓の達人として知られ、大功を立てたが義元五歳の時に妄人に討たれた。義元は乳母に匿われて武州に難を逃れたという。

 七歳の時、義元は相州藤澤の遊行上人のもとに弟子として預けられ、念阿弥と名付けられた。父の仇を晴らすため兵法、剣術の修行に励む中、十歳の時、洛外(京都)鞍馬寺において、ここを訪ねた異人に出会い妙技を授かった。長じて十六歳の時、鎌倉寿福寺の神僧から武術の秘伝を受け、更に九州の筑紫安楽時の於いて研鑚を重ねた。ときに正平二十三年五月、十八歳にして得術したとされる。

 元服して相馬四郎義元と名乗り、密かに奥州相馬の戻って念願の父の仇敵を討つ。服喪三年の後、再び出家し禅門に入り名も慈恩(慈恩念)と改め、諸国を遍歴し各地に剣法を傳えた。

 その後、信州伊奈郡浪合村(長野県下伊奈郡浪合村)に麻利支天を本尊とする一精舎を建立、自ら念大和尚と称し奥義を極めるための更なる修行に臨んだ。このとき、応永十五年五月(1408年)五十八歳と伝えられている。没年は定かではない。

 長野県の南西端に位置する浪合村に、慈恩念和尚が座禅を組んだと云われる座禅石や麻利支天祠、供養塔等が現存し、往時の足跡を偲ぶことが出来る。

 慈恩は晩年(元中、応永の頃)浪合村に籠居し、長福寺を建立した。この長福寺跡は宮ノ原台地の西側、延長36mにわたる古い石垣のあるところといわれている。その北方には道場屋敷跡といわれる巾20m、長さ50m余りの平地がある。いずれも周囲には檜や松樹が密生しているが、その域内には樹木もなく、一面に熊笹が生い茂っている。台地下を流れる大川入川の彼方、西方に大川、入山(1907m)の諸峰、南方に蛇峰山(1663m)の障害が望めるこの地形は、正に錬武・養神の好適地であり大切に保存されている。

鎖鎌01

念流山頂上にて

 長福寺の奥の院とも言うべき麻利支天祠は、その背面、松沢山の峰つづき、標高1100mの念流山山頂にある。ここはまた浪合の全渓谷が眼下に収まる天下の険である。頂に蟠伏する大松のもとに露出する5m四方の大岩石、その岩上に麻利支天の祠がある。間口40cm、奥行き52cm、高さ70cmの流造宮殿で、苔むした石面に「念流元祖相馬四郎義元入道念大和尚」と彫られ、側面には「慶永十五年戊子五月建立 後上野國多胡郡馬庭住 樋口十郎右衛門源定雄  寛政八年丙辰九月十五日再建立」と刻まれている。

慈恩とその流派・系譜

 慈恩には多数の門弟があった。その主な者をあげると二階堂右馬助、赤松三首座、猿神前、堤法讃、畠山古泉入道、沼田法印、堀北豊前守、甲斐豊前守、中条判官、土岐山城守、京極民部少輔、四宮禅正左衛門、潮肥後守、畠山駿河守の坂東八人、京六人の十四人である。

 中条判官は三河の人で、慈恩の後を承けて中条流を創めた。その流れを汲んで富田流を開いたのが、越前の人、富田丸郎右衛門である。富田勢源はその子で永禄年間にあらわれる。その後、鐘捲自斉の門弟である伊藤一刀斉は、自ら一刀流をおこした。この一刀流の教えを受けた小野次郎右衛門忠明は愛州移香の流れを汲み、柳生家と並んで家康、秀忠、家光に仕えた。

 山岡鉄舟、千葉周作は、いずれも一刀流の系統をひく剣客であった。二階堂右馬助、赤松三首座の流派は東国に多く、戦国時代、信州浪合の原備前守は、その末流と称せられる。

 猿神前の末孫、愛州移香は奥州の人とも日向の人ともいう。諸流を学んで、足利義政時代に愛州陰流を創めた。上泉伊勢守秀綱は愛州陰流を学び自ら工夫を加え、新陰流をとなえた。その門人に、柳生但馬守宗厳、丸目蔵人等著名な剣士が出ている。直新陰流の榊原鍵吉はその末流である。

 慈恩は始め鞍馬で、法を修めたので、奥山念流または判官流とも言い、また鎌倉でも学んだので、鎌倉流とも言った。

 前述の慈恩高弟の十四哲の一人、堤法讃は、一心流鎖鎌術の第二代師範として連なり下野の国(栃木県)芳賀郡の神官として、守護職で夙に小具足の達人といわれ慈恩から特に刀術、槍術、鎧組等の術を学び、鎧組の術は精妙にして、後世において宝山流とも呼ばれている。

 以来、下歴代師範に継承されるに至った。

鎖鎌02 鎖鎌03

一心流鎖鎌演武大会(左)と浪合神社奉納演武(右)

系譜

【元祖】天眞正念阿弥慈恩
堤山城守法讃(宝山)
吉岡太郎左衛門 無二斎
山田心流軒
由井民部之助橘正雪
丹一心
高木仁郎
芦田林平
森方丙作
白石範次郎重明
清水隆次克泰
神之田常盛